Profile

斉藤紋子 Ayako Saito


青森県八戸市出身。8歳よりピアノ、13歳よりクラリネットを始める。洗足学園音楽大学卒業、同大学院を経て現在に至る。大学在学中に特別選抜演奏者の認定を受ける。

高校時代、オーディションに合格し青森県高等学校文化連盟海外遠征吹奏楽団メンバーとしてスイス・オランダへ。また大学院時代はドイツ演奏旅行に参加。大学院修士演奏会において日本人ではまだ数人しか演奏していない「小さなハルレキン」(K.シュトックハウゼン作曲)を演奏。

これまでラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、東京オペラの森、文化庁派遣による全国での音楽鑑賞教室、ほか出演。第1回クラリネットアンサンブルコンテスト入選。2008年青森県新人演奏会出演、2010年八戸市にてデュオ・リサイタルを開催。

クラリネットを小笠原雅久、千葉直師の両氏、室内楽を星野均、千葉直師、浅野高瑛の各氏に師事。また亀井良信氏、E.ヌヴー、C.パレルモ、P.シュミ―ドル、W.フックスのレッスンを受講。指揮者・秋山和慶氏プロデュースによる若手育成オーケストラ「洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団」第2期生。現在ソロ、室内楽、オーケストラなどで活動中の傍ら、後進の指導にあたる。